更年期とは個人差があるそうですが、女性の閉経を挟んでから約10年間、40代後半から50代前半にかけてを更年期といいますね。

生理が乱れたり、生理が来なかったりと、今までとは違った症状が起こる。
更年期の辛い症状は卵巣機能の衰えによる女性ホルモンの低下が原因で、印象としては、家族関係、チキや社会の様々な人間関係がうまく行っていなかったり、ストレスが強く感じていたりすることで起こってしまう。

全く症状が起こらない人もいれば、ドンドン悪化してしまう人も。それから、体質や器質的なモニも影響を受けやすく、徐々に発症するために、自分でも気づかないうちに更年期症候群が起こってしまうそうです。

例えば、やる気が出なくて夕食の支度もできない、めんどう。。

こんな時に、旦那さんが気を使い「たまには外食でもするか~」っといたわってくれるなら、ストレスも和らぎ、更年期症候群を抑えることもできる。

しかし、「更年期なんて、病気じゃやなだろ~、速くメシのしたくしろ!!」っと怒りだす場合は、後者の人はどうしても症状が悪化してしまう。

更年期症候群の特徴としては、
「軽いうつ、不眠症、精神の不安定、やる気がでない、心配性、自身が出ない、集中力の不足、記憶力の低下」などが起こってしまうそうです。

更年期の症状は、がまんするとより症状が高くなると言われています。そのために、この症状を和らげてくれるのがホルモン補助の一つとしてオエストロジェルが利用されます。

オエストロジェルの主成分である、17ベータ-エストラジオールは女性ホルモンの一種であるエストロゲンを増やしてくれます。

ホルモンが正常になることで、更年期の症状である悩みを改善することができます。