スリムな体を求めるが、過剰は危険
やはり、男性でも、女性でも”太っている体”より、”スリムな体”を求めているのは当たり前。
でも、年齢の影響で、確実に太りやすい大家になっている。

そのために、ダイエットを行うのですが、これがまた難しい、、、。
1日、2日のダイエットは出来ます。でも、1週間、1ヶ月、半年、1年になるとシンドウ、ストレスが溜まってしまいます。

栄養不足になるようなダイエットを続けていると、脳は体が危険な状態になると判断してしまう。すると脳は、生命維持するために必要な部分を止めてしまう。女性の場合だと排卵ではないか?

過剰な運動によるダイエットも問題で、体脂肪率が低くなりすぎるのも良くない。やはり、体が危機感を感じて、生理を止めてしまうこともあるそうです。

女性の理想的な体脂肪率は18%といわれていますが、これ以下になるのは好ましくない。たしかにスリムかもしれないが、体がボロボロに成ってしまう。それから、ホルモンを分泌して卵胞を育てるには、ホルモンの原料になるタンパク質が必要。

栄養バランスが偏った食生活でたんぱく質が不足することも、生理の乱れにつながるために、気をつけなくてはいけませんね。